リラタイム

私と家族のストーリー ペットのエピソード 1

ペット

pet_episode_01.jpg

「私と家族のストーリー」として、皆さまのペットのエピソードを募集しました。
お寄せいただいた中から、いくつかのエピソードをご紹介いたします。

兵庫県Y・Kさまのご投稿

きあら

pet name: きあら

前の子が亡くなり、新しく迎える子を探している時に保健所で出会いました。
元野犬で保健所に収容され、保健所では恐怖から口が出て、命のタイムリミットがあった我が子。他の保健所では問答無用で即処分になるはずの我が子をボランティアさんが懸命にケアして下さり、私と出会うことが出来ました。迎えてからは私が助けられてばかり。それまで、元野犬の存在すら知りませんでしたが、我が子を迎えてその存在を知り、私も何かしたいと思って今はボランティアで元野犬を慣らし新しい家族に繋げる活動をしています。
あの時ボランティアさんがいなければ我が子はこの世にはいなかったでしょう。私とこの子を通して、沢山の方にその存在と共に生活出来ることを知ってもらえれば..と思います。

三重県A・Fさまのご投稿

2020年秋15才で虹の橋を渡りました。
いつも私の寝ているベッドに飛び乗ってきていたのに、晩年は「くぅ~ん!」と乗るのを手伝って、と哭くようになりました。朝と夜、私と一緒にドリンクを飲み、旅立つ3日前までお散歩にも行き、綺麗な夕焼け空を眺める癒しの時間でした。
ブラのすけ、沢山の想い出をありがとう

ブラのすけ

pet name: ブラのすけ

大阪府Y・Tさまのご投稿

9年前に「柴犬との交配に失敗して要らなくなったので殺処分のところへ連れていきます!引き取りたい方は来てください」という内容の記事を見つけ、主人と引き取りに行きました。
一体どんな理由だと本当に腹立たしくとてもじゃないですが普通では居れなくて慌てて連れてかえりました。毛はボサボサ、ゲージから出されたこともないのか散歩もできずだったうちのうめちゃん。
年齢も歯で判断するのですが傷みすぎてわからずかれこれ9年になります。
こんなことがまかり通っていい世の中なのかと不思議でなりません。
残りの人生幸せにしてあげるのみですし、最後はピンピンコロリでいってもらいたいです!

大阪府M・Mさまのご投稿

ゆず

pet name: ゆず

育児放棄されていた犬の飼い主を知人が求めていたので、一緒に探している間に我が家の家族に!
3歳5ヶ月で我が子になったトイプードルのゆずも14歳と5ヶ月。耳も聞こえない、右目も見えないけど散歩もしっかり行って食欲も旺盛!まだまだ元気です!

※サプリメントは動物用ではありません。