学術研究

学術研究 ~オープンイノベーションの推進~

健康食品のニーズは年々高まりを見せていますが、その科学的根拠は明確でなければいけません。フォーデイズは核酸栄養のリーディングカンパニーとして、第一線の研究機関と連携し、エビデンス(科学的根拠)を提示するための学術研究を重ねています。また、よりよい核酸製品づくりを目指し、安全性の検証だけにとどまらず、新たな可能性を見いだす研究開発にまで及んでいます。すべては多くの方たちへ日々の「健康」と「安全・安心」を届けるために。フォーデイズの未来への取り組みは、これからも続きます。

次世代核酸ラボFD:「次世代核酸ラボFD」はフォーデイズとライフ・サイエンス研究所(宇住晃治先生)のそれぞれの研究室を統合した共同研究室です。両社が実施してきた核酸研究に関する知見を集約し、オープンイノベーションをコンセプトに産学連携を推進していきます。「次世代核酸ラボFD」所属研究所は、東京農工大学大学院 農学研究院 (田中あかね教授)/金沢大学大学院医薬保健学総合研究科(加藤将夫教授)/首都大学東京大学院理学研究科生命科学専攻(相垣敏郎教授)/大阪市立大学大学院生活科学研究科(小島明子准教授)/金沢大学がん推進制御研究所(松本邦夫教授)/岐阜大学応用生物科学部(長岡 利シニア教授)/カリフォルニア大学デイビス校(村田健二 associate professor)/東京大学大学院農学生命科学研究科「食と生体機能モデル学」寄付講座(伊藤公一特任准教授、山中大介特任助教)です。