社長挨拶

代表取締役社長 和田 佳子

いつもフォーデイズ製品をご愛顧いただき、ありがとうございます。

2019年から始まった新型コロナウイルス感染問題の中で過ごした約2年間という期間は、私たちの人生の時間を止め、失われた時間だったのではないでしょうか。その反面、この期間に世界は確実に変化していき、生活様式をはじめ思考も大きく変わりました。生きることの基盤は「身体の健康」であり、それを維持していくには「経済」が必要であると改めて実感させられました。そしてまた、何よりも家族や友人など「大切な人といる」ということが、いかに心を落着かせ、人生を豊かにしているのか、ということに気づかされました。

このように、ネット社会の現代においても、人と人のつながりは代えがたい高い価値を持ちます。その人間関係を基盤とするネットワークビジネスという流通は、個人の信頼性や人間力を活かすことができ、時間や場所も自在に使う働き方ができる柔軟性を持ち、経済だけでなく、仲間とのつながりという人生にかけがえのない喜びも生みます。この流通には、潜在的に多様な可能性があるのです。しかし残念ながら、この流通に対する社会的評価が低いのも事実です。そこで、私たちフォーデイズは、この流通の問題点や課題を解決するべく「フォーデイズ経営研究所」を設立し、アカデミックな視点での研究を続けております。

また、この流通において、大切な人に届ける製品は、安全で価値あるものでなければいけません。そのためには、多くの智を集め、研究し、突き詰めていき続けることです。弊社は、1999年の核酸ドリンク発売から20年以上、第一線の研究機関などと連携を図りながら、核酸素材の機能性について研究し、またより良い製品を提供するために多くの企業や大学、研究者に協力を得る「オープンイノベーション」を推進してきました。今後も、私たちフォーデイズは健康に携わる企業として、核酸の可能性を追求し、皆さまにより良い製品をお届けしてまいります。

フォーデイズ株式会社
代表取締役社長 和田 佳子