企業情報企業情報

核酸ドリンク発売20年目を迎えて

フォーデイズ株式会社 代表取締役 和田佳子 いつもフォーデイズ製品をご愛顧いただきまして、ありがとうございます。
 昨年は、国内で多くの自然災害が発生しました。そのことにより心を痛め、いまだに生活の中での不都合を感じていらっしゃる方々に、心よりお見舞いを申し上げます。様々な環境の下ではありますが、2019年は年号が変わるという一大行事の中で、多くの皆さま方に晴れやかな年となる事を祈っております。
 さて、昨年は皆さまに多大なるご心配とご迷惑をお掛けしたことをお詫び申し上げます。また、このような中、変わらぬご支援ご協力をいただきましたこと、深く感謝申し上げます。
 弊社は今年、核酸ドリンク(ナチュラル DNコラーゲン)を発売して20年目を迎えることができました。この20年、さまざまな経験をさせていただき、大変充実した日々を過ごさせていただきました。これもひとえに、会員の皆さまをはじめとした多くの方々と共に歩んできた結果だと思います。
 本年は、これからの5年間をより盤石な体制で臨めるよう、日本はもちろんのこと、海外を視野に入れて「核酸」のトップブランドを目指していきたいと思います。
 昨年末、ヨーロッパを訪問した際、高齢化社会の波は日本のみならず世界的な課題となる事を感じました。世界の多くの人が「安全な食」ということを意識していると思います。しかし、サプリメントに関しての情報はまだまだ少なく、今後のサプリメント市場の可能性、そして社会に対する貢献度も大きくなっていくことを強く感じました。
「製品づくり」には、私たちが追求する「核酸」がどのような形であれば課題に解決を見出すことができるのか、ということを考え続けていくことが重要となります。そのためには、会員の皆さまからの声を集約し、本当に必要なものは何かということを突き止め、それらをもとに研究開発を進めることこそが、確実な製品づくりには欠かせないと考えます。そして、日常に取り入れやすい形状をつくるため、製造工場など技術面の向上や安全管理を徹底し、原材料の開発への一歩も進めていきたいと思います。
 もう一つ、私たちフォーデイズが目指す「人との関わりを深める」ということも、未来に向けて守り続けたいと考えます。時代とともに、生活や人生観が変化していく中においても、「人と人の関わり」「コミュニケーション」というものは、心の健康や人生の喜びに大きな影響を与えます。
 良い製品をつくる。そして、その製品に「コト」という価値を加え、体の健康だけでなく、さらに心の健康までに貢献できることを突き詰めていく年とし、2019年は「これからの5年先への階段」を確実に上がれるための準備の年としたいと思います。

フォーデイズ株式会社 代表取締役 和田佳子

公式SNS

  • Fasebook
  • Fasebook採用
  • Twitter
  • YouTube
  • Google+
English
language

PAGE TOP