核酸とは核酸とは

遺伝子レベルで健康を考えるフォーデイズが着目した“核酸”(DNA・RNA)

DNA(デオキシリボ核酸)とRNA(リボ核酸)のことを核酸と呼びます。
DNAは、 主に細胞の核の中にあり、「親から子へ、細胞から細胞へ」性質を伝える遺伝子の本体として働いています。
RNA は、DNAの情報に基づいてタンパク質を合成する働きを担っています。
このように生命活動の根本を担う核酸は、 私たちのからだを構成する約60兆個の細胞一つ一つの中に含まれており、核酸の栄養学的な側面についても注目が 集まっています。

遺伝情報を担う「DNA」

DNAは、「親から子へ、細胞から細胞へ」性質を伝える遺伝子の本体として働いています。ヒトの標準的な細胞核の大きさは0.005~0.008mmですが、この小さな核の中に約2m (約60億塩基対)ものDNAがつまっています。昨今、生命科学技術の飛躍的な進歩から、遺伝子と病気の関係も明らかとなってきました。

DNAの遺伝情報に基づきタンパク質合成に関与する「RNA」

RNAは主にDNAの情報をもとにアミノ酸を結合させて、タンパク質を合成する役割を担っています。ヒトのゲノムが解読されて以来、RNAにはタンパク合成には関わらず、遺伝子発現制御機能などに働くものもあるとわかり注目が集まっています。

公式SNS

  • Fasebook
  • Fasebook採用
  • Twitter
  • YouTube
  • Google+
English
language

PAGE TOP