特集

早めのケアで健やかな体をキープ!風邪に負けない冬支度

風邪がはやる季節です。大人になると回数こそ少なくなりますが、一度ひくと長引くことが多く感じられるのではないでしょうか。その原因は、外敵に対抗する力と関係があるようです。
寒さが本格化する前に、冬を健やかに過ごす方法を考えてみましょう。

cold_02.png

そもそも、人はなぜ風邪をひく?

風邪の原因の9割以上はウイルス感染です。原因となるウイルスは、強力なインフルエンザをはじめ100種類以上と言われています。とはいえ、ウイルスがいれば必ず感染するわけではありません。風邪をひきやすいのは、周囲ではやっていることに加えて、寒さや乾燥、疲労やストレスなどの条件が重なった時です。

一般に、大人になると体力があるので風邪をひきにくくなりますが、一方で、一度ひくと治りにくいと感じる方も少なくありません。これは、ウイルスなどの外敵に対抗する力が、年齢を重ねるごとに低下していくことと関係があるようです。対抗力は生まれてから成長とともに高まりますが、20代をピークとして徐々に下がっていくというデータもあります。まずは原因や対策を知り、「風邪くらい」と甘く考えず、早めのケアを心がけることが大切です。

cold_03.PNG

冬に備えて対抗力をチェック!

私たちの体は本来、ウイルスなどの外敵に対抗する力を持っています。ただ、その力は自然のリズムと同じように変動し、生活習慣が原因で低下する場合もあります。まずは自分の対抗力をチェックしてみましょう。

  • 生活が不規則で睡眠不足
  • デスクワーク中心で運動不足
  • 体温が36.5度以下で手足が冷えている
  • 一人でぼんやり過ごすことが多い
  • つい食べ過ぎてしまう
  • 最近あまり笑っていない
  • イライラ、ストレスを溜めやすい
  • 疲れが溜まりやすい

3つ以上チェックが入ったら要注意!

寒くなる前に対抗力をつけよう!

風邪を予防するためには、マスク着用や手洗いをマメに行い、人の多い場所に出かけるのを控えるなど、ウイルスを寄せ付けないことが基本です。とはいえ、誰にも会わずに生活するわけにはいきません。風邪がはやり始める前に、自分の中の対抗力を維持できるよう心がけましょう。

cold_04.png

適度に緊張感のある毎日を

大切なのは「交感神経」と「副交感神経」のバランスです。体を休めて副交感神経を優位にする時間は必要ですが、仕事や遊びなどで適度に緊張感を保ち、交感神経が優位になる時間をもつことも大切です。

cold_05.png

「笑い」でストレス発散

つらい時でも笑顔を忘れなければ元気がわいてくる…それは気のせいではありません。笑うことで対抗力が高まり、心と体によい影響を与えることが、近年、医学的に実証されつつあります。

cold_06.png

腸内環境を整える

腸管は、ウイルスなどに対抗する細胞の約70%が集中する要所です。乳酸菌などを含む発酵食品や食物繊維が多いキノコなどを積極的に摂って善玉菌を増やし、腸内環境を良好に保つことで、対抗力を応援しましょう。

キノコや乳酸菌などを含むサプリメントを活用することもおすすめです!