特集

デイリーケアで解決!冬の髪の困りごと

とにかくパサつく、枝毛が増えた、かゆくて仕方がない…。この時季は、髪にもさまざまなトラブルが起こりがち。そこで今号では、冬の髪の適切なケア方法をご紹介します。

冬の髪の困ったあるある ワースト4

シャンプーを変えたわけでもないのに、急に抜け毛が増えたり、パサついたり、まとまらなかったり…。
そんな髪の悩みは、ありませんか? 冬だから仕方がないのでしょうか? それとも、年齢的なもの? そんなことはありません。
日々のケアで美しい髪はキープできます。冬の髪や頭皮にダメージを与える原因を知り、しっかり対策をしていきましょう。

その1 枝毛や切れ毛、抜け毛が増える

枝毛や切れ毛、抜け毛で困る女性のイラスト枝毛や切れ毛の主な原因は、乾燥です。健康な毛髪の水分量は12〜13%をキープしていますが、7%以下になる
とキューティクルがはがれ落ちてしまいます。ダメージを受けた部分から、水分がさらに蒸発して、乾燥が進みます。乾燥を防ぐには、洗髪のあとのうるおいを与えるケアが必要です。コンディショナーやトリートメントなどで、つややかな髪に整えましょう。

その2 頭皮がかゆくなる

頭皮がかゆくて困る女性のイラストかゆみの原因はさまざまですが、頭皮に残った余分な脂が影響していることもあります。気温が下がる冬は、皮脂が固くなるばかりか、乾燥により皮脂が落ちにくい季節です。かゆいからといって、爪を立ててゴシゴシ洗わず、指の腹でマッサージするように、冬こそ、丁寧に洗いましょう。育毛剤などで頭皮の環境を整えることも大切です。カサつきやかゆみが治まらない時は、皮膚トラブルかもしれません。自己判断せずに皮膚科で診てもらいましょう。

その3 静電気で髪がまとまらない

静電気で髪がまとまらずに困る女性のイラスト冬は空気が乾燥することで静電気が発生しやすくなります。髪がからまる主な原因は、この静電気です。コンディショナーやトリートメントで髪にうるおいを与えて乾燥を防ぎ、静電気をおさえることが大切です。洗髪後はドライヤーのかけすぎによるオーバードライに注意し、エアコンによる乾燥にも気をつけましょう。

その4 パサつくツヤがない

トリートメントのイラスト水分やうるおいが足りない髪は、パサついて、ツヤがなくなります。洗髪後にコンディショナーやトリートメントで髪の深部にうるおいを与え、その日のダメージの修復を促しましょう。また、丁寧なブラッシングは、頭皮の皮脂を髪に均一に広げて、ツヤを出すだけでなく、乾燥を防ぐ効果があります。ブラッシングも欠かさずに行いましょう。髪のツヤがなくなると白髪も目立ちやすくなります。白髪が気になる場合はカラーリング効果のあるトリートメントもおすすめです。

あなたの髪は、大丈夫?!

もしかしたらその行動が、髪にNGなのかも。
下記の行動パターンにいくつもあてはまったら要注意。
普段の生活習慣から改善してしっかりケアしていきましょう。

  • 食事は外食が多く、アルコールの摂取が多い
  • 頭皮や髪のUVケアはあまり気にしない
  • ドライヤーで乾かす時に、ヘアケア剤は使わない
  • カラーリングやパーマをかけることが多い
  • 髪をよく乾かさないで寝ることがある
  • 暖房の効いた部屋にずっといることが多い
  • 生活が不規則で睡眠不足
  • 朝晩2回シャンプーをする
  • ストレスが多い