社会貢献社会貢献

第8回学術シンポジウムが産経新聞(全国版)に採録掲載されました

2015年2月3日(火)、産経新聞社主催、フォーデイズ特別協賛の第8回学術シンポジウムが福岡市のアクロス福岡にて開催されました。
今回は、"免疫力"を高めて、より健康に生きることをテーマに、帯津三敬病院名誉院長の帯津良一氏、北海道大学大学院先端生命科学研究院細胞生物 科学分野教授、綾部時芳氏、ライフ・サイエンス研究所代表宇住晃治氏、元プロマラソン選手、厚生労働省いきいき健康大使、有森裕子氏にご講演いただきました。
またパネルディスカッションでは、食と健康についてさまざまな発表が行われ、1,500人の会場は、終始笑いに満ちたシンポジウムになりました。

150203_img_01.jpg 150203_img_02.jpg 150203_img_03.jpg

150203_img_04.jpg 150203_img_05.jpg 150203_img_06.jpg

150203_img_08.jpg

シンポジウムにご参加いただいた方の声

  • ありがとうございました。仕事にも、日常生活にもためになる大変有意義な時間でした。
  • 有森さんのポジティブなお話に感動しました。先生方の内容もわかりやすく参考になりました。
  • 帯津先生の免疫力を高めるために『ときめき』が重要だと聞き、参考になった。
  • 薬に頼らない、食の大切さと自分の体の働きを知る大切さなど勉強になりました。
  • 最新の情報を多く集められました。健康長寿のために活用します。ありがとうございました。
  • 食から予防からいろんな面で健康のことを考えられた。有森さんの話、楽しかったです。前向き、ポジティブ大事ですね。

開催概要

タイトル 第8回 これからの健康と栄養を考えるシンポジウム
『自分の体はジブンで守る』
~期待される核酸栄養で免疫力を高めて健康に生きよう!
主催 産経新聞社
協力 NPO法人KYG協会
特別協賛 フォーデイズ株式会社
後援 ライフ・サイエンス研究所
日時 2015年2月3日(火)12:00 開演 / 13:00 終演 / 16:00(予定)
会場 アクロス福岡 福岡シンフォニーホール
内容
基調講演「ジブンの体は自分で守る!ホリスティック医学から」
帯津三敬病院名誉院長 帯津 良一氏
講演「免疫力を高める食生活とは?」
北海道大学大学院先端生命科学研究院 細胞生物科学分野 教授 綾部 時芳氏
講演「期待される核酸栄養、S2014ヌクレゲン(サケ白子エキス)の可能性」
ライフサイエンス研究所代表 宇住 晃治氏
特別講演「思い続ければ夢はかなう」
元プロマラソン選手、厚生労働省いきいき健康大使 有森 裕子氏
パネルディスカッション 「健康に生きるために大切な事とは」
パネリスト
帯津三敬病院名誉院長 帯津 良一氏
北海道大学大学院先端生命科学研究院 細胞生物科学分野 教授  綾部 時芳氏
元プロマラソン選手、厚生労働省いきいき健康大使 有森 裕子氏
コーディネーター                 
ライフ・サイエンス研究所代表  宇住 晃治氏

公式SNS

  • Fasebook
  • Fasebook採用
  • Twitter
  • YouTube
  • Google+
English
language

PAGE TOP